TOMOSHIBI LETTER

2020/02/08 13:38

2月9日(日)〜2月16日(日)の期間中「自由丁の手紙展」を開催します。 

東京・蔵前「自由丁」東京・蔵前「自由丁」

◼️「自由丁の手紙展」で出会える「手紙」とは?
「手紙を書く」とは「普段なかなか言葉にならない気持ちに形をあげること」という視点に立ち、本来の手紙に止まらず、様々なモノ=形になった気持ちたちを展示します。

絵や詩も、その時の気持ちを表す手紙として展示絵や詩も、その時の気持ちを表す手紙として展示

日々の暮らしの中で描かれた絵や詩、誰かへのプレゼントなども手紙と捉え、描き手(書き手)の方々の当時の心境、気持ちのコメントと共に募集し、展示いたします。

誰かへ贈った花束も、手紙になりうるのではないか誰かへ贈った花束も、手紙になりうるのではないか

◼️イベント詳細
展示予定の作品例
絵、落書き、メモ、本、写真、音楽、詩、未来の自分への手紙、過去の自分への手紙など
日時
2月9日(日)〜2月16日(日)
自由丁所在地
東京都台東区蔵前4−11−2 (都営浅草線「蔵前」駅より徒歩5分)
入場料: 
観覧のみ…500円/ 観覧&一年後の自分への手紙を書く…880円

※イベント期間中に自由丁ご利用の方は合わせて展示をご覧いただけます
※著名人の作品や手紙などが読めるイベントではありません。あくまで一般の方々の素直な気持ちと出会えるイベントです。